子供の送迎問題に頭を抱える

なんと、あてが外れてしまった。

3月から子供を学童に通わせようと、昨日、前に通っていた学童の先生に連絡してみた。大歓迎とのことだったけど、もうピックアップサービスはしていないとのこと。これは結構ショック。小学校が終わってから学童まで連れて行ってもらうだけだが、午後2時~3時の時間帯で短い時間のみ頼めるシッターさんというのはまずいない。

学校の近くで大人の足だと10分ぐらい。歩道橋があってそこを通ると15分ぐらい。小3の子を一人で徒歩10-15分歩いてもらうというのはシンガポールでは一般的なのかそうではないのか。同僚2人に聞くとそのぐらいなら全然ありでしょうという感じで、私が心配しすぎなのだろうか。ただ、二人とも交通のことは心配していて、横断歩道を渡ることはないというと、『じゃあ、大丈夫じゃない?携帯かGPS付の腕時計持たせれば』と言ってくれた。

去年の12月に日本に帰って思ったのは小学生ぐらいの子だと親が付き添っていないこと。付き添っている子もみたけれど、一人で登下校している小学生もかなりいた。あと、親の付き添いなしで小学生だと公園で遊んでいる。少なくとも小2か小3以上ぐらいの子に親は付き添っていなかった。日本が安全ということもあるし、核家族で送迎に割く人手がないということもあるのだろう。

同じ小学生が出来ているのだから、うちの子供もできるだろうと楽観する自分と、フラフラ寄り道して迷子になったらとか、交通事故にあわないかとか心配してしまう自分がいる。

在宅勤務が続く間は私が送迎できるけど、問題は会社に戻るのがいつなのかが全く分からないこと。今は1週間全て在宅勤務で、しかも日本人小学校すぐそばなので送迎できる。

結局は私が決める問題なのだけど、悩ましい。とりあえず時期が来たら解決すると思うしかないかも。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報
にほんブログ村