コロナ禍での誕生日~人生初ケーキ作りに挑戦~

先日迎えた娘の誕生日。フォレストアドベンチャーでたっぷり遊んだ翌日、朝から飾りつけをする。

去年Spotlightで買ったガーランドを再利用。まあ、地味だけれどいいかと思ったところで、娘が一言。

『ママ、これだけ?』

去年のパーティーは規制が緩まった時に開き友達をよんだのだ。私も少し頑張って飾りつけをした。その時の記憶があってのこの娘の発言。背景は分かってても私だってむっとする。むっとするを通り過ぎて誕生日当日だというのに娘に怒ってしまった(+_+)朝から最悪な幕開けとなる。

娘が謝りにきた。『ごめんね、ママ。だって去年のこと思い出しちゃったの。』と追い打ちをかける。この気の利かない言いようは第1子特有なのだろうか。特有だと信じたい。

なんだか朝から疲れてしまってここで少し朝寝タイム。娘たちから起こされたころにはもうすでに11時(驚)。ここから人生初のケーキ作りの開始。昔、中学生のころ作った時はスポンジが全くふくらまずにおわった。しかし、今回は一応気合が入っていたので事前にYoutubeを見て予習。イメージは完璧。あとは作るだけ。

スポンジケーキの材料をミキサーで混ぜ、いざオーブンへ。

ここから祈るような気持ちで焼き上がりを待つ。結果はなんとか膨らんでホッとする。

しかし、次に予想もしない出来事が。気合を入れている割にクリーム作りを端折りたかった私。市販のホイップクリームを買ってきたのだが、塗ったそばから溶けていく(^^;)。直前まで冷蔵庫に入れていたので冷やしたりないはずはない。とりあえず娘たちに命じて手早くデコレーションをすませることにする。

他の料理も急いで作る。メニューはすべて娘の好物。サーモンの押しずし、唐揚げ。

写真でみるとよくわからないけど、実は側面が溶けてしまっている。

やっぱり、自分で手作りしなきゃいけないかなあ。

なにはともあれ娘たちは18センチのイチゴケーキを完食。

丸く収まった娘の誕生日だった。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報
にほんブログ村